亀頭増大の費用は手術方法によって大きく変わる

亀頭増大は約5分で終わる手術方法です

男性の中には、自分の亀頭が小さくて自信を持てないという人も多いかもしれません。
このような時にその悩みを改善する手段の一つに、亀頭増大手術方法が挙げられます。
亀頭の輪郭となる部分、つまりカリ首の部分を中心とし素材を注入して、亀頭を大きくする方法です。
約5分程度で終わる手術方法と言えるでしょう。
材を注入することにより皮膚の厚みが増して、外部からの刺激にも強くなるので、早漏治療効果も期待できます。
小さい、先細り、敏感で早漏などのような悩みを持っている場合には、亀頭増大手術方法を受ける事が一つの手段となります。
薬剤を注入することになりますが、その薬剤には様々な種類があり、素材により永続的な効果が得られるものもあれば、数年のうちに吸収されるものまで様々です。
どのようなものであっても、治療前は小さく刺激に弱く敏感な亀頭が、治療後はかりを中心として亀頭が大きくなり、刺激にも強くなります。

亀頭増大手術方法の費用の相場を知ろう

亀頭増大手術を受けるにあたり気になるものとして、費用の相場が挙げられます。
亀頭増大手術にかかる費用は、どのような薬剤を注入するのかの種類と、その量によって変わると言えるでしょう。
素材は増大の持続性が高ければ高いほど効果になるのが一般的です。
素材は半年程で体内に吸収されて分解してしまうものや、効果がより長く持続するものなど様々です。
素材の例を挙げると、ヒアルロン酸が挙げられますが、ヒアルロン酸の場合にはよく半年ほどで体内で分解され吸収されることになります。
ヒアルロン酸を1CM注入する場合の費用の相場としては約4から9万円ほどです。
長期持続タイプのスーパーヒアルロン酸などの場合には、ヒアルロン酸と比べると長い期間持続するタイプの素材であり、こちらは1ccあたり約7万8000円から15万円程度となります。
長期的なものとなると、約13から21万円ほどが費用の相場です。
これは注入する日漁により費用も異なります。
これらは1cc当たりの費用であり、亀頭増大手術は西市から注入するのが一般的です。

まとめ

このようにどのような種類のものを選ぶか、また注入する量によって費用の相場が異なること分かります。
とはいえどのような種類のものを選ぼうとも、治療が終われば小さいことで悩んでいた亀頭が大きくなるのはもちろんのこと東天閣強くなるので、射精の感覚をコントロールしやすい状態にもなります。
これにより早漏も改善されることでしょう。
性行為の際にも女性に与える刺激の量も上がるので、男性としての自信も取り戻し安くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。